ノベルティの意味や選び方を知りたい!知っていると役立つノベルティの雑学を紹介

ノベルティは企業の販売促進などを目的として配布されます。
長く使ってもらえる方がその効果が大きいため、筆記用具などが選ばれることが多いです。
夏の時期になるとうちわタイプがよく配布されるようになります。
販促が目的であるからと言ってデザイン性を無視することは好ましくありません。
楽しく使ってもらえるような物を選ぶ必要があります。
これらの雑学を覚えておくと、今後町で受け取った時にちょっとした発見があるかもしれません。

ノベルティの意味や選び方を知りたい!知っていると役立つノベルティの雑学を紹介

ノベルティとは企業が自社や製品の宣伝などを目的として配布する雑貨のことであり、そこにはいくつかの雑学があります。
企業名が印字されたうちわやペンなどを持っている方も多いかもしれませんが、それはノベルティの典型例といえるでしょう。
ノベルティは無料で配布するものですが、すぐに捨てられるような物であってはいけません。
一定の用途がある物を選択することが大切です。
それゆえに下敷きやペン、消しゴムなどの筆記用具などが選ばれることが多くなっています。

ノベルティの選び方は自社の雰囲気に合わせるのがポイント

ノベルティには、ペンなどの文房具やタオルなどの生活用品が使われることが多いですが、それだとありきたり過ぎて、どうしてもインパクトが弱くなってしまうのは否めません。
よりノベルティのインパクトを高めるためには、自社の雰囲気に合わせたグッズの選び方をした方がいいのではないでしょうか。
例えば、自動車関連の会社なら、車の窓に使えるサンシェードなどを配ったりすると面白いでしょうし、損害保険会社なら防災対策グッズなどを配るのが効果的かもしれません。
このような自社の雰囲気にマッチしているノベルティだと、もらった方もより深く印象に残るので、高いPR効果を期待できます。
ただし、ノベルティグッズにおいては、あまり企業の自己主張が過剰になるのも考え物です。
例えば、グッズにデカデカと企業の名前やロゴマークが刻印されていると、かっこ悪いので嫌われてしまう可能性もあります。
そうなってはPR効果が半減してしまうので、ロゴマークなどの刻印は控えめにするのがおすすめです。

人気のノベルティがあると注目度がアップする

ノベルティは無料で顧客に配布するもので、製品やサービスに付属させて販促に使う場合もありますが、新製品やサービスの発表会や来店者に無料で配って、商品のアピールやブランドや企業イメージの形成を目的とする場合もあります。
本来は配った人の手にしか渡りませんが、SNSなどで拡散される事で配布した人以外の人にも知ってもらう事ができます。
ノベルティ自体が人気になれば商品やサービスへの注目度も必然的に高くなって、SNS等でも話題に上がる事で多くの人に拡散されていきます。
だからこそノベルティはただの付属品ではなく、それを目当てに商品やサービスを購入してくれる顧客が出るくらいのものを用意すると大きな効果が得られます。
ノベルティが人気になって注目度が上がれば上がるほど、企業イメージやブランドイメージにも影響を及ぼすようになります。
それは良い方にだけでなく、悪い方にも働くので間違った方向性や不適切な表現には気をつけないといけません。

ノベルティに名入れすることで特別感が増す

高価なものというより、愛着を持つために実用的なものに使われるのがノベルティです。
シャーペンやタオルなどに会社名を入れておく事で特別感を出し、使っていくうちにどんどん馴染みになっていくのです。
こういったものは安価でたくさん作れるので、会社の名入れノベルティをたくさん作っておいて、例えば打ち合わせに来た他社の人に配るなどしてもいいでしょう。
自社で社員が使う分には愛社精神などに影響しますが、他社の人に配ればちょっとした宣伝効果があります。
もちろん必ず効果が出るというタイプのものでもないのですが、そこは数を多くすればそれなりの確率で影響が出ます。
どこの会社に仕事を振るか迷っている人が、何かの拍子にそのノベルティを見てその会社に決める可能性もゼロではないどころか、そこそこ高確率であると言えるからです。
分母の数を上げれば上げるほど確率も上がるため、こういったノベルティグッズを配るというのは意味があります。

ノベルティはターゲットの絞り込みが大事

ノベルティの制作・配布を計画する際は、まず目的を明確にするとともにターゲットを絞り込むことが大切です。
どのようなターゲットにノベルティを配布するのかによって、制作すべきアイテムは大きく変わります。
例えば、子供向けの場合はキャラクターグッズや手づくりキットなど、学生向けの場合は文房具やトートバッグなど、ビジネスマン向けの場合はモバイルバッテリーやカードケースなど、若い女性向けの場合はメイクグッズや日傘など、主婦向けの場合はエコバッグやキッチン用品、シニア向けの場合はヘルスケアアイテムやルーペなどのアイテムが適しています。
また、同じアイテムを配布するにしても、年齢・性別・職業が変われば最適なデザインも変わってくるので、ノベルティ制作する際はどの層に配布するのかを明確にしておくことが重要です。
その上で、どのようなアイテムやデザインが喜ばれるのかを十分に検討することが、ノベルティ制作を失敗させないポイントとなります。

ノベルティに関する情報サイト
ノベルティを上手に使おう

ノベルティは企業の販売促進などを目的として配布されます。長く使ってもらえる方がその効果が大きいため、筆記用具などが選ばれることが多いです。夏の時期になるとうちわタイプがよく配布されるようになります。販促が目的であるからと言ってデザイン性を無視することは好ましくありません。楽しく使ってもらえるような物を選ぶ必要があります。これらの雑学を覚えておくと、今後町で受け取った時にちょっとした発見があるかもしれません。

Search